保険の見直し・相談ならFP黒川事務所|埼玉県さいたま市

保険の見直し・相談ならセミナー実績多数の『保険の先生』FP黒川事務所へ

ホームお知らせ ≫ 団信三大疾病特約は付加すべきか? ≫

団信三大疾病特約は付加すべきか?

黒川写真
住宅ローンで団体信用生命保険を付加する場合、三大疾病による残債保障特約を付加すべきかどうか迷われる方は多いと思います。がん、脳卒中、急性心筋梗塞に罹患して一定条件に該当した場合に、残債の返済が不要になるという特約です。この特約の最大のポイントは、どういう状態に該当すると残債の返済が不要になるかという点です。まず、がんは上皮内癌は除くとされていると思われます。つまり初期ガンでは該当しないということです。脳卒中、急性心筋梗塞は60日以上の障害が残ることとなっているケースがほとんどと思われます。つまり、がん、脳卒中、急性心筋梗塞とも重症にならないと残債は免除されないということです。それを理解した上で、重症になった場合に限ったとしても、それが必要とお感じになる方は特約を付加した方が良いですし、不必要とお感じになる方は付加しなくても良いと思います。
2021年05月16日 19:49

FP黒川事務所

〒330-0063
埼玉県さいたま市
浦和区高砂3-12-24
小峰ビル5階

TEL:048-814-1390

FAX:048-814-1303

営業時間 9:00〜18:00
(年中無休)

事務所概要はこちら

サブメニュー

ブログカテゴリ

月別ブログアーカイブ

2023 (0)

モバイルサイト

FP黒川事務所スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら