保険の見直し・相談ならFP黒川事務所|埼玉県さいたま市

保険の見直し・相談ならセミナー実績多数の『保険の先生』FP黒川事務所へ

ホームお知らせ2021年 ≫ 5月 ≫

2021年5月の記事:お知らせ

胃の内視鏡検査を受けました

黒川写真
先日、鼻から入れる胃の内視鏡検査を受けました。最初に鼻の穴に麻酔を噴射され、鼻の感覚を麻痺させます。そして鼻の穴から内視鏡を入れて行きます。内視鏡は鼻の穴からノドを通じて胃に進んで行きます。鼻からノドにかけては最初に麻酔を噴射されていて鼻からノドまで麻酔が効いているので全く苦しくありません。ただ内視鏡がノドを通っている不快感は多少ありますが、苦しいことはありませんでした。私の目の前にはモニターがあり、食堂から胃の中を自分で見ることができました。2年前の内視鏡検査では胃潰瘍が見つかり、現在も投薬が継続していますが、今回は胃潰瘍は無くなっていたようでした。ホッとしました。2週間後に診断の結果が来ましたが異常なしとのことでした。胃カメラというと何か苦しい印象がありますが、鼻から入れる内視鏡はほとんど苦しくはないので、皆さんも是非受診をしてみて下さい。
2021年05月26日 19:50

大腸の内視鏡検査について

黒川写真
先日、私は大腸の内視鏡検査を受けました。3年ぶりの検査です。前回は検査前に飲んだ下剤にとても苦しんだ記憶がありました。わかりやすく言うと美味しくなかったのです。しかも2リットルも飲まなければならないのです。そして便が透明になるまで排便しなければならずヘロヘロになっていました。ところが今回の下剤はポカリスエットのような味で美味しささえ感じてしまいました。2リットルも難なく飲めました。大腸の中を下剤で全部出してから内視鏡の検査が始まります。肛門から内視鏡を入れていきます。横向きになって寝て検査を受けるのですが、目の前にモニターがあって、自分の大腸の中をずっと見続けました。大腸は曲がっていて、そこを内視鏡が通るときに痛みを感じました。モニターを見ているとイボのようなものがありました。医師から『これは大腸ポリープなので切除します』と言ってカメラの先についているハサミのようなもので切り取りました。大腸の中には神経がないので痛みは一切感じませんでした。切り取ったポリープは全部で3つあり、病理検査をすることになりました。結果が出るまで2週間掛かるのですが、その間はソワソワしていました。結果は陰性でホッとしました。大腸ポリープは繰り返しできるので、来年も検査を受ける予定です。
2021年05月25日 19:48

初期ガン(上皮内ガン)で保険料払込免除はお得!?

説明
ガン・脳血管疾患・心疾患で一定の状態になったら、保険料の支払いは免除され、保障は継続するという特約が三大疾病保険料払込免除という特約です。保険会社によって免除の条件が異なるため、加入する場合には条件の確認が必須です。皆さんにお勧めするのは、初期ガン(上皮内ガン)で保険料払込免除になる保険会社を是非選択してください。というのも、今後初期ガン(上皮内ガン)で早期にガンが発見される確率が高まるためです。私が先日受けたアミノインデックスという検査は血液を採取してアミノ酸の割合でがんの可能性を測定するものです。私がこの検査を受けずに一般の健康診断を受診していたら、すい臓ガンや肺ガンのリスクが高いことを事前に知ることはできませんでした。線虫を使った尿検査でもがんを早期に発見できるとのことです。こういった検査が普及すれば、初期ガン(上皮内ガン)で発見される確率が高まり、保険料の払込免除によって保険料負担がなくなる方も増えると思われます。
2021年05月23日 20:14

就業不能保険の選び方 

黒川写真
就業不能保険の支給に関しましては各社様々な条件があります。就業不能になった原因が特定されているもの。例えば三大疾病のみ、七大生活習慣病のみ、特に精神疾患が該当するか否かは重要です。できれば全ての病気やケガが該当するものが良いかと思われます。次に就業不能の日数です。これはなるべく短い方が条件が良いです。2021年5月時点で弊社で取り扱える保険会社であれば14日以上入院すれば支給されるという保険が最も短いと言えます。30日以上、60日以上就業不能といった条件の会社が多いです。最後に在宅療養の基準も保険会社によって様々です。在宅療養の基準が医師による指導でOKな会社が条件的には良いかと思われます。就業不能保険は自営業者は必須と私は思っております。特におひとりでお仕事をされている方は就業不能保険は是非ご検討下さい。
2021年05月21日 20:06

アミノインデックス検査でCランクにショック!

黒川写真
がんのリスクスクリーニング検査として、血液中のアミノ酸のバランスでがんの可能性を算出してくれます、アミノインデックス検査を受けました。結果は何と、すい臓がんと肺がんが最高危険ランクのCという結果が出ました。超ショックでした。ランクCの判定の人の100人に1人はがんであると言われています。私も今年の8月に還暦を迎えますから、がん発症の確率は高いと言えます。特にすい臓がんは見つけにくい上に進行が早く致死率が高いのでとても心配になりました。この結果が出た以上は精密検査が必要と思い、ネットで検索を重ねました。最新機械ですい臓がんの検査をしてくれる東京メディカルクリニックを検索し5月28日に予約を入れました。超音波検査では見つけられない小さなすい臓がんも見つけることが出来る、検査を受ける予定です。とにかくがんは早期発見できれば怖くないので、きちんと調べようと思います。
2021年05月20日 20:08

元本保証の運用って?

黒川写真
運用というと儲かることもあるけれど、損することもあるので嫌とおっしゃる方は多いです。もし、元本保証がある運用があったらやってみたいと思いませんか?まず、最初にお断りをしておきますが元本保証といっても米ドルベースで元本を保証しますので為替の影響を受けます。ただし、為替は円安、円高を周期的に繰り返しますので、円安の場合は円で、円高の場合は米ドルで受け取れば為替リスクは回避可能です。そういった意味でも、当分の間資金使途のない余裕資金をお任せいただければ、リスク回避は可能です。元本保証は15年後の105%となりますが、途中でご解約をされた場合は元本保証はありませんのでご注意下さい。15年間毎年運用した積立分が按分されて受取ることが可能です。もし、ご興味がございましたら、お気軽にお問合せ下さい。
2021年05月19日 20:10

団信三大疾病特約は付加すべきか?

黒川写真
住宅ローンで団体信用生命保険を付加する場合、三大疾病による残債保障特約を付加すべきかどうか迷われる方は多いと思います。がん、脳卒中、急性心筋梗塞に罹患して一定条件に該当した場合に、残債の返済が不要になるという特約です。この特約の最大のポイントは、どういう状態に該当すると残債の返済が不要になるかという点です。まず、がんは上皮内癌は除くとされていると思われます。つまり初期ガンでは該当しないということです。脳卒中、急性心筋梗塞は60日以上の障害が残ることとなっているケースがほとんどと思われます。つまり、がん、脳卒中、急性心筋梗塞とも重症にならないと残債は免除されないということです。それを理解した上で、重症になった場合に限ったとしても、それが必要とお感じになる方は特約を付加した方が良いですし、不必要とお感じになる方は付加しなくても良いと思います。
2021年05月16日 19:49

フラット35の機構団信について

黒川写真
フラット35は、機構団信への加入は任意です。しかしながら、借主に万が一のことがあった場合には、団信が残ったご家族を守ってくれますので、加入はすべきです。ただし、機構団信に加入する前に、民間の生命保険で団信と同じ機能を持っている収入保障保険と比較をしてみて下さい。特に煙草を吸わない、健康な20代~40代前半の方であれば、民間の収入保障保険の方が保険料は割安になる可能性が高いです。非喫煙優良体という保険料率を持っている保険会社で試算をしてみると良いです。多くの場合、かなり保険料は安くなると思われます。また、機構団信で健康上の理由で加入できなかった場合は、緩和型収入保障保険が民間にありますので、そちらで検討してみるのも良いかもしれません。
2021年05月11日 11:12

初期ガンの保障の手厚いがん保険を選んで下さい!

黒川写真
初期ガン(上皮内癌)の保障内容は保険会社によって、かなり差があります。初期ガンと進行がんの保障の差を一般の方は理解せずにがん保険に加入されている方がほとんどです。今後、初期ガンでがんが見つかることが多くなることが予想されます。例えばがん細胞に反応する線虫を尿に入れることで、身体のどこかにがんがあることがわかる検査が2万円程度で受けることが出来ます。血液検査でもがんの可能性の判断ができるようになってきています。このように検査技術が進むと、早い段階でがんが見つかるようになります。そうなると初期ガンで発見されるケースが増えます。初期ガンの保障が手厚いがん保険ですと、とても助かりますが、初期ガンの保障が良くないがん保険では十分な保障は受けられません。ということでがん保険を選ぶ際には、初期ガンの保障はどうかをきちんと調べてからご加入下さい。
2021年05月06日 20:13

FP黒川事務所

〒330-0063
埼玉県さいたま市
浦和区高砂3-12-24
小峰ビル5階

TEL:048-814-1390

FAX:048-814-1303

営業時間 9:00〜18:00
(年中無休)

事務所概要はこちら

サブメニュー

ブログカテゴリ

モバイルサイト

FP黒川事務所スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら